ホーム > ORSC®ブログ > 組織の中でリーダーシップを育成するには?

ORSC Blog|ORSCブログ

  • ORSC® Real Voice
    • フェイス&ゆり ORSC®を語る

組織の中でリーダーシップを育成するには?
16.11.08

森川:
企業のリーダーだとして、訊いてみたいことがあるのですが。
組織においては、ポジションは限られています。
ですので、成長したからといって、いつも昇進させてあげられるとは限りませんよね。

フェイス:
そうですね。しかし、その人のRSI(関係性システム知性)™を
伸ばしてあげられるような方法は他にもたくさんあります。
多くの企業がやっていて素晴らしいと思うのですが、
私の会社でも、社員に興味がありそうなプログラムに出席させています。

うちのある社員は、人前でもっとうまく話せるために学びたいと思い、
私たちはそのことがコース参加者とのコミュニケーションに役立つとわかっていたので、
その費用をいくらか負担しました。

また、私たちのプログラムに興味がある社員は、
その人の職責に関わらず、参加させています。

それに、うちのスタッフは、職場がどこであろうと、定期的に、
四半期ごとに再教育を受けさせるようにしています。
このように、昇進や昇給以外にも、リーダーシップを育成、開発する方法はいろいろとあります。

こうやって個人を成長させるのは「認知」ですが、こんなふうに訊いてあげるだけでもいいのです。
「仕事の中でうまく行ったと思うのはどこですか?あなたはどう思いますか?
そして、あなたの仕事のやり方でよくなったと思うのはどこですか?」

このような質問をすることで、実際、彼ら自身のリーダーシップ力は高まりますし、
彼らの仕事の改善策について、他の誰よりもよくわかるようになります。
また、こんなふうに訊いてもいいでしょう。
「あなたの仕事の中で、もっと成長する必要があるのはどこですか?
あなたの仕事の領域を違った角度から見てみましょう。一番成長が必要なのはどこですか?」

彼らの成長や進化について、定期的にこのような質問をすることで、
仕事の上での改善に役立つだけでなく、
自分たちが深く感謝され、心にかけられていると感じるようになります。

森川:
感謝の文化が組織にあるということですね。素晴らしいことです。

フェイス:
そして、それは個人の成長であり、すべてのレベルにおける成長です。

<システムの成長と個人の成長>

あなたの話を聞いているうちに、何人かの人たちからこう訊かれたことを思い出しました。
「ORSCはシステムに働きかけていますが、
それは個人にはそれほど関心を払っていないということですか?」と。

これは、あなたが今おっしゃったこととは違うように思いますが。

フェイス:
システムの中のどんな声も良くしていこうとするなら、私はシステム全体を良くしようとします。
あなたの言ったことは、ORSC®が個人に興味がないということではない、
ということを改めて思い出させてくれました。

ORSC®は、システムの文脈において個人に関心を向けるのです。
どんなときでも、最初のシステムは、自分自身です。

私がチームの各メンバーと彼らの内的システムについて関わるとき、
自分自身の内部のシステムにある異なった声に耳を傾ける、というワークをよくします。
そうすることで、一人ひとりの成長とともに、チーム全体のRSI(関係性システムの知性)™が高まるのです。

  • 前ページ

  • 記事一覧

  • 次ページ

Pagetop